子供向けコープ共済《たすけあい》ジュニア20コースの保障内容について

たすけあいジュニア20コース

このページではコープ共済の定番商品ともいえる「たすけあい」中で20歳以上のお子さんを対象としたジュニア20コースの保障内容を詳細に解説していきます。

《たすけあい》ジュニア20コースは

ポイント

  • 入院、通院、手術、をより手厚くカバー
  • 20歳以下の子供(0歳~満19歳)まで契約可能
  • 加入時の健康告知がゆるやかなコースもあり

保障期間は最長20歳までとなり引き続きコープ共済の契約を継続される場合は別のコースへの切替が必要となりますが、割安な月掛金で入院や手術等、医療保障をより手厚くしたいという方にはおすすめです。

お子さんのコープ共済をどうしようかと検討されている方などは

例えば

  • どのコースを選べばよいか分からない?
  • 大人と同じコースで問題ないのか?
  • 特約は必要か?

といった疑問なども有るかと思いますので《たすけあい》ジュニア20コースの保障内容の詳細を解説しつつ、最適なコース選択ができるようにしています。

コープ共済の《たすけあい》ジュニア20コースを検討している方は是非参考にしてみてください。

《たすけあい》ジュニア20コースの契約概要

商品名 《たすけあい》ジュニア20コース
コース名 J1000円コース J2000円コース J1900円コース
月掛金 1,000円 2,000円 1,900円
契約可能年齢 0歳~満19歳
保障期間 満20歳の満期日まで

選択可能コースは

  1. J1000円コース
  2. J2000円コース
  3. J1900円コース

の3種類となります。

J1900円コースは持病等で健康状態についての質問(告知事項)に該当してしまう場合でも以下2つの質問に該当が泣ければ加入可となります。

告知事項A

  1. 現在、入院中ですか?
    (※入院する日や退院する日に申し込む場合も「はい」となります。)
  2. 現在、医師から、「今後1年以内の入院または手術」をすすめられている状況ですか?
    (※実施するか否か、または実施時期の判断を、本人や家族にまかせられている場合も「はい」となります。)
    (※実施時期が未定の場合も「はい」となります。)

《たすけあい》ジュニア20コースの保障内容

コース名 J1000円コース J2000円コース J1900円コース
病気入院・事故 (ケガ) 入院(1日~360日) 日額6,000円 日額10,000円 日額5,000円
事故 (ケガ) 通院(1日~90日) 日額2,000円 日額3,000円 日額2,000円
手術(当組合の定める手術) 5・10・20万円/回 10・20・40万円/回 4・8・16万円/回
長期入院(270日以上連続入院) 36万円 60万円 30万円
事故後遺障害 14~350万円 28~700万円 14~350万円
病気死亡・重度障害 100万円 500万円 100万円
事故死亡・事故重度障害(事故日から2年以内) 50万円 300万円 50万円
親死亡・親重度障害 4万円 20万円 4万円
扶養者事故死亡・扶養者事故重度障害 100万円 700万円 100万円

保障内容の詳細は引き続き解説していきます。

(たすけあい)ジュニア20コースの病気入院・事故(ケガ)入院共済金の保障内容

コース名 J1000円コース J2000円コース J1900円コース
病気入院・事故 (ケガ) 入院(1日~360日) 日額6,000円 日額10,000円 日額5,000円

入院保障は病気、事故問わず入院があった場合に1日目より最大360日まで受け取る事が可能です。

コープ共済の入院共済金日額の支払い限度のほとんどは1入院184日までとなりますがジュニア20コースは全コース360日と約2倍と手厚いです。

また入院1日につき幾ら入院日額保障があれば良いか迷われる方も多いかと思います。

そこで判断基準として実際に入院を経験された方の1日辺りの自己負担金額を参考にする事が出来ます。

上記は高額療養費制度等を活用した上での自己負担となりますが最も多いのは1日1万円~1.5万円となります。

入院に関する共済金の支払限度日数について

1入院は最大360日まで給付金の支払い対象となりますが、2回以上入院した場合は

ポイント

  • 同一原因による入院は1回の入院として360日分に通算
  • 同一原因でも再入院まで360日以上空けば新たな入院扱い
  • 原因が異なる入院は360日以内の再入院でも新たな入院扱い

という扱いになります。

ただし最近は1入院における平均入院日数は短期傾向にある為、デフォルトで1入院360日分をカバーしているジュニア20コースは十分手厚い保障内容と言えます。

(たすけあい)ジュニア20コースの事故(ケガ)通院共済金の保障内容

コース名 J1000円コース J2000円コース J1900円コース
事故 (ケガ) 通院(1日~90日) 日額2,000円 日額3,000円 日額2,000円

事故(ケガ)通院共済金は

ポイント

  • 事故日から180日以内の通院が対象
  • 1事故につき最高90日分まで支払対象

となりますが「事故通院の場合」とギブス等、「固定具装着の場合」とで支払われる通院共済金額が異なります。

事故通院の場合 固定具装着の場合
お支払いする場合 被共済者が申込日の翌日以後に発生した不慮の事故を直接の原因として傷害を被り、平常の生活または業務に支障が生じ、事故日から180日以内かつ共済期間中に病院に治療のための通院をしたとき 骨折等ケガの治療のため、医師の指示にもとづき、ギプス、副木等の固定具の常時装着により平常の生活または業務に支障があると契約引受団体が認めたとき
お支払いする金額 事故通院共済金日額×通院日数 事故通院共済金日額×10日分

また注意点として幾つかポイントがあり、

注意ポイント

  • 通院は医師による治療が必要であるため、病院または診療所に通うこと、または往診により医師の治療を受けること
  • 固定具等の「常時装着」とは、骨折等のケガの治療のために、医師から指示を受けて日常生活において装着する事でスポーツ中や特定の作業時にのみ装着する場合は含みません
  • 医師とは医師法に定める医師および歯科医師法に定める歯科医師を指します

また健康保険の療養の給付または療養費の対象となる場合に限り病院、診療所以外への通院も以下のケースでは対象となります。

診療所 詳細
柔道整復師(接骨院) 脱臼、骨折、打撲、捻挫の場合
あんまマッサージ指圧師、鍼師または灸師 事前に医師 より医療上の必要性を認められ指示がされている場合

手術(当組合の定める手術)

コース名 J1000円コース J2000円コース J1900円コース
手術(当組合の定める手術) 5・10・20万円/回 10・20・40万円/回 4・8・16万円/回

手術共済金は実際に行った手術内容に応じて共済金額が異なる仕組みとなります。

ポイント

  • 病気の治療を直接の目的として、契約引受団体の定める手術を受けた場合
  • 申込日の翌日以後に発生した不慮の事故を直接の原因として、事故日から180日以内に、その事故による傷害の治療を直接の目的として、契約引受団体の定める手術を受けた場合

支払い対象外となる手術

保険適応となる手術行為は基本支払対象となりますが一部の手術は対象外となります。

手術名等 内容
創傷処理 切り傷、刺し傷、やけど等に対する治療です。
壊死・汚染の洗浄や切除、出血部位の血管等を縛って、離断した皮膚の縫合を行います。
皮膚切開術 皮膚や皮下にたまった膿瘍(うみ)を体外に排出するために皮膚を切開する治療です。
デブリードマン 感染、壊死組織を除去し、傷を清浄化することで他の組織への影響を防ぐ治療です。
抜歯手術 歯を抜く手術です(抜歯に伴う骨切除も含みます)。
骨、軟骨または関切開等を行わずに、骨折によるズレや脱臼 節の非観血的または徒手的な整復術、整復固定術および授動術 切開等を行わずに、骨折によるズレや脱臼を正常な状態に治したり、動きが悪くなっ た関節に力を加えて動かせるようにする治療です。

加えてレーシック、インプラント、美容整形、診断・検査・予防のための手術等、病気やケガの治療を直接の目的としない手術は対象外となります。

長期入院(270日以上連続入院)

コース名 J1000円コース J2000円コース J1900円コース
長期入院(270日以上連続入院) 36万円 60万円 30万円

長期入院共済金は1回の入院日数が連続で270日を超えた場合に支払対象となります。こちらはあくまで連続であり累計ではありません。

事故後遺障害

コース名 J1000円コース J2000円コース J1900円コース
事故後遺障害 14~350万円 28~700万円 14~350万円

事故後遺障害共済金は

  • 被共済者が申込日の翌日以後に発生した不慮の事故を直接の原因として、事故日から2年以内かつ共済期間中に後遺障がいとなったとき
  • 被共済者が事故日から2年を超えてなお治療が必要なとき(事故日から2年目における医師の診断に基づいて後遺障がいの等級を認定して
    事故後遺障害共済金をお支払いします)。ただし、医師による診断時に事故後遺障害特約が付帯された共済契約が存続していた場合に限ります

不慮の事故について

不慮の事故とは次の「急激」「偶然」「外因」の3つの条件すべてにあてはまる事故のことをいいます。

3つの条件 詳細
急激とは 事故から傷害の発生までの経過が直接的で、時間的間隔のないことをいいます
(慢性、反復性または持続性が認められるものは該当しません)。
偶然とは 事故の発生または事故による傷害の発生が被共済者にとって
予見できないことをいいます。
外因とは 事故および事故の原因が被共済者の身体の外部から作用することを
いいます(身体の内部的原因によるものは該当しません)。

「急激」「偶然」「外因」の3つの条件すべてにあてはまる場合の具体例は例えば以下のようなものになります。

例えば

交通事故、はしご等高いところからの転落、火災や爆発、刃物での切り傷、工場等で作業中に機械に指をはさむ、スキーで転倒し骨折

更に次に挙げる感染症は、「急激」「偶然」「外因」の3つ の条件に関わらず、不慮の事故とみなします。

不慮の事故とみなす感染症

ペスト、エボラ出血熱、マールブルグ病、クリミア・コンゴ出血熱、ラッサ熱、腸チフス、パラチフス、ジフテリア、コレラ、細菌性赤痢、急性灰白髄炎、腸管出血性大腸菌感染症

病気死亡・重度障害

コース名 J1000円コース J2000円コース J1900円コース
病気死亡・重度障害 100万円 500万円 100万円

上記は病気による死亡または重度障害の場合の共済金額となります。

重度障害の定義

なお重度障害は病気により所定の障害状態を指しますが具体的には、労働者災害補償保 険法施行規則(昭和30年9月1日労働省令第22号)別表第1(第 14条、第15条、第18条の8関係) 「障害等級表」の第1級、第2級および第3級の2、3、4のいずれかの身体障害の状態であると医師が診断したものをいいます。

等級 障害の状態
第一級障害 ①両眼が失明したもの
②そしゃく、および言語の機能を廃したもの
③神経系統の機能または精神に著しい障害を残し常に介護を要するもの
④胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し常に介護を要するもの
⑤削除
⑥両上肢を肘関節以上で失ったもの
⑦両上肢の用を全廃したもの
⑧両下肢を膝関節以上で失ったもの
⑨両下肢の用を全廃したもの
第二級障害 ①1眼が失明し、他眼の視力が0.02以下になったもの
②両眼の視力が0.02以下になったもの
②-2神経系統の機能または精神に著しい障害を残し随時介護を要するもの
②-3胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し随時介護を要するもの
③両上肢を手関節以上で失ったもの
④両下肢を足関節以上で失ったもの
第三級障害 ②そしゃくまたは言語の機能を廃したもの
③神経系統の機能または精神に著しい障害を残し終身労務に服することができないもの
④胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し終身労務に服することができないもの

事故死亡・事故重度障害(事故日から2年以内)

コース名 J1000円コース J2000円コース J1900円コース
事故死亡・事故重度障害(事故日から2年以内) 50万円 300万円 50万円

更に死亡、重度障害になった原因が事故の場合は「病気死亡・重度障害」に上乗せで共済金を受け取る事になります。

親死亡・親重度障害

コース名 J1000円コース J2000円コース J1900円コース
親死亡・親重度障害 4万円 20万円 4万円

共済金額は多くはありませんが、被共済者の親が死亡、重度障害に該当した場合にも共済金を受け取る事が出来ます。

扶養者事故死亡・扶養者事故重度障害

コース名 J1000円コース J2000円コース J1900円コース
扶養者事故死亡・扶養者事故重度障害 100万円 700万円 100万円

扶養者の死亡、重度障害になった原因が事故の場合は扶養者事故死亡・扶養者事故重度障害共済金を受け取る事になります。

《たすけあい》ジュニア20コースに追加可能な特約の保障内容

たすけあいジュニア20コースでは主契約以外に2つの特約を追加契約する事が可能です。

先進医療特約

先進医療は月掛金100円で先進医療に掛かった技術料のうち自己負担した費用と同額を1回の先進医療につき1000万円まで保障する内容となります。

また先進医療一時金としていずれか大きい額を一時金として受け取れます。

ポイント

  1. 自己負担額×10%
  2. 5万円

個人賠償責任保険

個人賠償責任保険は1事故につき最高3億円を補償する事が可能です。

ポイント

  • 1契約で家族全員対象
  • 自転車事故の高額賠償にも対応
コープ共済の個人賠償責任保険の補償内容について

このページではコープ共済の取り扱う個人賠償責任保険の補償内容について解説していきます。 コープ共済の個人賠償責任保険は月掛金140円で1世帯1人が加入すれば ポイント 本人 配偶者 本人か配偶者の同居 ...

このページのまとめ

お子さんのコープ共済への加入を検討した場合、

ポイント

  1. たすけあいベーシックコース
  2. たすけあいジュニア20コース
  3. たすけあい医療コース
  4. ずっとあい終身医療

の4つの選択肢があります。

それぞれ、メリットデメリットはありますが、ひとまず20歳まで医療保障も死亡保障も手厚く割安な月掛金を希望される場合はたすけあいジュニア20コースが最も最適となります。

その場合はその他のコープ共済との組み合わせも可能かと思いますので是非総合的に判断していただければ考えます。

コープ共済のたすけあい全ラインナップの保障内容はこちらのページにてまとめていますので良ければ一緒にご確認ください。

コープ共済たすけあいの保障内容
コープ共済のたすけあい全ラインナップの保障内容をまとめて紹介

このページではコープ共済の定番の共済商品である「たすけあい」の全ラインナップの保障内容をまとめて紹介していきます。 たすけあいは全部で4つのコースがあり、契約可能年齢や保障期間が異なります。 ポイント ...

続きを見る

保険見直しラボ

FPに共済も保険もまとめて直接相談可能です

共済や保険に詳しいプロのFPが多数在籍する保険見直しラボなら共済も民間の保険もまとめて無料で相談する事が可能です。

しかも今なら特選ギフトの豪華特典付です!! 保険見直しラボ3

© 2020 県民共済ガイド