県民共済「熟年新がん特約」の保障内容とおすすめプランについて

県民共済「熟年新がん特約」の保障内容

このページでは県民共済の特約コース「熟年新がん特約」の保障内容について解説していきます。

65歳から69歳までの健康な方であれば加入可能で、基本コースの熟年型や熟年入院型に組み合わせて加入する事が可能です。

コース名からもがんに対する保障強化となりますが主な特徴は

ポイント

  • 悪性新生物も上皮内新生物も同額
  • 診断共済金は初回または5年後も受取可
  • がん入院共済金は日数制限無し
  • がん通院共済金は診断後か退院後1年以内の通院

年齢に応じて共済金額の減額はありますが手頃な掛け金で最長80歳まで保障を継続できるのでがんの保障を強化したい人にはおすすめの特約コースと言えます。

熟年新がん特約をご検討の方は是非参考にしてみてください。

熟年新がん特約のプランと保障内容について

熟年新がん特約のプランは月掛金1000円の熟年新がん1型特約と2,000円の熟年新がん2型特約の2種類となります。

タイプ 熟年新がん1型特約 熟年新がん2型特約
月掛金 1,000円 2,000円
契約可能年齢 満65歳〜満69歳 満65歳〜満69歳
保障期間 65歳〜80歳 65歳〜80歳
がん診断 15万円(65歳~70歳)
10万円(70歳~80歳)
30万円(65歳~70歳)
20万円(70歳~80歳)
がん入院 2,000円(1日~無制限)65歳~70歳
1,500円(1日~無制限)70歳~80歳
4,000円(1日~無制限)65歳~70歳
3,000円(1日~無制限)70歳~80歳
がん通院 1,000円(1日~60日)65歳~80歳 2,000円(1日~60日)65歳~80歳
がん手術(当組合の定める手術) 2.5万円・5万円・10万円(65歳~80歳) 5万円・10万円・20万円(65歳~80歳)
がん先進医療(当組合の基準による) 1万円~100万円(65歳~70歳)
1万円~50万円(70歳~80歳)
1万円~200万円(65歳~70歳)
1万円~100万円(70歳~80歳)

熟年1型、2型、熟年入院2型に加入中の65歳から69歳までの方で健康状態に問題が無ければ加入可能です。

がん診断給付金の保障内容

タイプ 熟年新がん1型特約 熟年新がん2型特約
がん診断 15万円(65歳~70歳)
10万円(70歳~80歳)
30万円(65歳~70歳)
20万円(70歳~80歳)

保障開始(90日間の免責期間)後、初めてがん(上皮内新生物含む)治療を開始されてた時点でがん診断共済金を受け取れます。

また初回のみではなく治療終了後、5年経過後に再度がんの治療が行われた場合も診断共済金の支払対象となります。

がん入院共済金の保障内容

タイプ 熟年新がん1型特約 熟年新がん2型特約
がん入院 2,000円(1日~無制限)65歳~70歳
1,500円(1日~無制限)70歳~80歳
4,000円(1日~無制限)65歳~70歳
3,000円(1日~無制限)70歳~80歳

がんを原因とする治療の為の入院に関しては入院共済金を支払い日数制限無しで保障されます。

入院共済金額も多いに越したことはありませんが基本コースでも入院共済金は保障に組み込まれていますので仮にがんの入院の場合は基本コースと特約コース(熟年新がん特約)の両方から入院共済金を受け取る事が出来ます。

がん通院共済金の保障内容

タイプ 熟年新がん1型特約 熟年新がん2型特約
がん通院 1,000円(1日~60日)65歳~80歳 2,000円(1日~60日)65歳~80歳

最近ではがんに限らず入院よりも通院による治療の方が多い状況ですががん通院共済金では1通院最大60日までサポートされています。

がん通院共済金の支払い条件は

  • がん診断から1年以内の通院
  • がん入院の退院後1年以内の通院

となります。

がん手術共済金の保障内容

がん手術共済金はがんの治療を目的とする保険適応(公的医療保険制度)の手術の内、診療報酬点数別に所定の共済金が受け取れます。

診療報酬点数 熟年新がん1型特約 熟年新がん2型特約
~1,400点未満 無し 無し
~5,000点未満 2.5万円 5万円
~15,000点未満 5万円 10万円
15,000点以上~ 10万円 20万円

がん先進医療共済金の保障内容

タイプ 熟年新がん1型特約 熟年新がん2型特約
がん先進医療(当組合の基準による) 1万円~100万円(65歳~70歳)
1万円~50万円(70歳~80歳)
1万円~200万円(65歳~70歳)
1万円~100万円(70歳~80歳)

がん先進医療共済金はがんの治療の為の先進医療を行った場合に自己負担相当額に応じて最大額までの先進医療共済金を受け取る事が可能です。

先進医療の技術にかかる費用の額 先進医療共済金の額
~1万円以下 1万円
~2万円以下 2万円
~3万円以下 3万円
~4万円以下 4万円
~5万円以下 5万円
以下同様 以下同様

熟年新がん特約の選び方(プラン選択)

熟年新がん特約を1型か2型のどちらにするかを検討する場合、もちろん保障額が多いに越したことはないですが例えば、保険会社のがん保険なども加入している場合なども考えられます。

そこで一つの目安として実際にがんの経験がある人達が自己負担した治療費を参考にする事も可能です。

出典アフラック:2011年がんセミナー来場者へのアンケート調査

アフラックが過去に行ったアンケートでは上皮のグラフにあるように最も多いのが自己負担総額50万円で次が100万円となります。

熟年新がん特約にあるがん診断共済金なども含め、がん治療として準備しておきたい金額の参考にしてみても良いかと考えます。

このページのまとめ

熟年新がん特約は手ごろな掛け金でがんに対する保障を強化する事が出来き特約コースの中でもおすすめと言えます。

類似する特約に熟年新三大疾病特約もありこちらも月掛金は数百円上がるだけなので併せて検討しても良いかと考えます。

県民共済の全プランは以下のページにて紹介していますので是非参考にしてみてください。

 

保険見直しラボ

FPに共済も保険もまとめて直接相談可能です

共済や保険に詳しいプロのFPが多数在籍する保険見直しラボなら共済も民間の保険もまとめて無料で相談する事が可能です。

しかも今なら特選ギフトの豪華特典付です!! 保険見直しラボ3

© 2020 県民共済ガイド