県民共済は不眠症(睡眠導入剤)でも入れる?加入条件について

睡眠導入剤 県民共済 加入条件 
睡眠導入剤を飲んでいると県民共済は加入出来ないのか?

寝つきが悪く軽い気持ちで処方してもらっている睡眠導入剤でも服用のレベルによっては県民共済含め、医療保険などの加入が制限されるケースがあります。

実際、睡眠導入剤程度でなぜ加入の制限がつくのかと疑問に思われる方は多いのですが、睡眠導入剤と使用される薬剤は同時に精神疾患関連でも使用される事もあり、程度によっては不眠症=精神疾患と扱われる事で加入が出来ないという事も考えられます。

そこでこのページでは県民共済の加入条件にある健康告知内容の確認から、睡眠導入剤を飲んでいる場合の正しい告知の方法等を解説していきます。

県民共済に加入を検討している方で睡眠導入剤を飲んでいる場合は是非参考にしてみてください。

県民共済の健康告知内容について

まず初めに県民共済に加入するには

  1. 契約可能年齢(~69歳)
  2. 該当の都道府県に住んでいるor働いている
  3. 健康である

上記の3を満たす必要があり、3番の健康の基準は県民共済が用意している「健康告知内容」に記載された質問に該当しない事が条件となります。

注意ポイント

  • 現在、病気やケガの治療中である。または検査や治療が必要と指摘されている(健康診断や人間ドックなどで、検査や治療が必要と指摘された場合を含む)、もしくは検査中である。
  • 慢性疾患の診断を受けている、もしくは医師から治療をすすめられている。または慢性疾患が治ってから5年以内である。
  • 慢性疾患や中毒のため薬(血圧降下剤、抗潰瘍剤、鎮痛剤、睡眠剤、抗糖尿病剤、精神安定剤、覚醒剤・違法ドラッグ、または麻薬・大麻)を常用している。
  • 過去1年以内に、病気やケガで連続14日以上の入院か、同じ病気やケガなどで20回以上の通院治療を受けたか、または過去3ヵ月以内に心身に異常を感じる症状や変調があった。
  • 手術を受け、治ってからまだ1年以内である。
  • 身体に残る障害や先天性の病気により、日常生活において他人の手助けを必要とする状態である。

健康告知内容の質問事項ではピンポイントで睡眠剤の服薬が指摘されているわけですがこちらは慢性疾患または中毒に限定されています。

県民共済にて言われている慢性疾患は以下になりますが特段、不眠症が慢性疾患に該当するわけではありません。

慢性疾患

  1. 悪性腫瘍(癌、肉腫など※)
  2. 消化器疾患(胃潰瘍、慢性胃炎、炎症性腸疾患、十二指腸潰瘍、慢性肝炎(肝炎
    ウイルスキャリアを含む)、肝硬変、慢性膵炎、胆石症など※)
  3. 循環器疾患(狭心症、心筋梗塞、不整脈、高血圧症など※)
  4. 呼吸器疾患(気管支喘息、間質性肺炎、肺線維症、肺結核、肺気腫など※)
  5. 神経・筋疾患(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血、髄膜炎、てんかん、筋炎など※)
  6. 腎・尿路疾患(腎炎、ネフローゼ、尿路結石など※)
  7. 代謝・内分泌疾患(糖尿病、痛風、甲状腺機能亢進(低下)症など※)
  8. 精神疾患(統合失調症、アルコール症など※)
  9. 運動器疾患(骨髄炎、椎間板ヘルニア、変形性関節症など)の血液疾患(悪性貧血、白血病など※)
  10. アレルギー性疾患および膠原病(リウマチ、ベーチェット病など)
  11. 耳鼻咽喉および眼疾患(中耳炎、メニエール病、白内障、緑内障など※)
  12. 女性性器疾患(子宮筋腫、卵巣腫瘍など※)

健康告知内容の詳細はこちらでも紹介しています。

県民共済の加入条件にある健康告知内容について
県民共済の加入条件を満たす健康告知内容の詳細を徹底解説

このページでは県民共済の加入時に必要な健康告知の質問内容を解説していきます。 県民共済の加入資格は住居、勤務先が該当の組合にある事以外に年齢を満たしている事はもちろん、健康であるという事が大前提となり ...

不眠症のレベルについて

上記の健康告知内容の質問にある睡眠剤の服用に関しては一時的な不眠症などは含まれないものの、加入時点で医師の処方により睡眠導入剤を服用しているようなケースは「治療中」にあたる事には間違いありません。

一時的な処方によるものか

例えば健康告知内容の質問の1番目では

具体的には

現在、病気やケガの治療中である。または検査や治療が必要と指摘されている(健康診断や人間ドックなどで、検査や治療が必要と指摘された場合を含む)、もしくは検査中である。

と質問されているので睡眠導入剤を服用しているのであれば治療中として告知該当する事になります。

この場合は申込書の告知欄に「1」を記載するようにしてください。

後日、県民共済より確認の連絡がありますので不眠症などの症状をできる限り詳しく伝えます。

例えば

  • 診療開始時期
  • 飲んでる薬名、使用頻度
  • その他合併症等

医療保険などもそうですが、基本的に申し込み時点で医師の診察などを必要としない為、加入時点ではどれだけ県民共済の契約審査を行う担当者に正しい情報を伝えられるかが重要です。

詳細を伝えたら加入出来ないのではという疑問を持たれるかもしれませんが、疾患等に関する情報が不足していれば審査する事もできないので加入見送りになるケースがあります。

また、正確な情報を伝えたことで加入が見送られるのであればそれはそれで正しい手続きと言えます。

事実と異なる告知をして加入しても結果、告知義務違反で契約解除となればそもそも加入の意味がありません。

精神疾患を伴うものか

冒頭でも触れていますが、睡眠導入剤を服用中での保険加入や県民共済の加入に制限がつく理由の多くは精神疾患を伴っているケースが多い為です。

この場合も健康告知内容の質問事項に告知該当するような日常的な治療が行われているかと思いますので必ず正しい告知をするようにして下さい。

このページのまとめ

睡眠導入剤を服用の場合の県民共済の加入においては全てのケースで同じ結果になるわけではありませんが、一時的な不眠症による服用であれば加入可能性有り。

長期間に渡る場合や精神疾患との合併症などの場合は加入不可の可能が高いといった形です。

仮に県民共済の加入が難しい場合でも各保険会社の発売している引受基準緩和型の保険商品であれば、保険会社にもよりますが加入可となるケースが高いかと思いますので、この辺りは幅広い選択肢から検討してみても良いかと考えます。

その他の県民共済の加入条件に関する情報を以下のページでまとめていますので加入を検討されている方は是非参考にしてみてください。

県民共済の加入条件について
県民共済の加入条件「年齢制限や健康状態」について

県民共済には加入資格が存在しています。 わかりやすいところでは組合がある都道府県に住んでいるというのが前提ですがそれ以外にも加入するコースの年齢制限を満たしている事や健康状態に問題ない事が加入条件とな ...

 

保険見直しラボ

FPに共済も保険もまとめて直接相談可能です

共済や保険に詳しいプロのFPが多数在籍する保険見直しラボなら共済も民間の保険もまとめて無料で相談する事が可能です。

しかも今なら特選ギフトの豪華特典付です!! 保険見直しラボ3

© 2020 県民共済ガイド