県民共済のがんに対する保障内容やがん保険との違い

県民共済とがん保険の保障内容の違い

このページでは県民共済の保障内容ががん治療にどこまで対応しているか、一般的ながん保険と比較した場合の保障内容の違いなどについて解説していきます。

保険商品には、どんな病気ケガも対象とする医療保険とは別にがんのみに特化した「がん保険」があるわけですが、単独でがん保険が存在するにはそれなりの理由があります。

対して、県民共済にも特約としてがん治療をより強化するプランも用意されており、総合保障型などではカバーできない部分を補う事が出来ます。

一般的ながん保険と県民共済の違いなども含めて紹介していきます。

がん保険の必要性とがん治療について

医療保険だけではなく、がん保険が単体で存在しているにはそれなりの必要性がある為です。

がんは2人に1人がなるといわれているようにその可能性の多さや一般的に治療が長期化することなどが上げられています。

がん入院とがん通院の割合

がんの治療方法も様々ですが最近は入院が短期傾向にあり通院の割合が増えているというデータがあります。



上記のグラフからもがんの治療で入院をしている方よりも通院による治療の割合が逆転し、その差が年々拡大している事が分かります。

がん保険ではこのような状況を踏まえてがん通院も入院同様に日数無制限で保障する内容が一般的です。

がん経験者による自己負担アンケート



またがんを経験している方が実際に治療に支払った自己負担金額のアンケートでは50万円~100万円が最も多い結果となっています。

この金額を少ないとみるか多いとみるかは人それぞれですが、がん治療に特化していない医療保険の入院給付金や手術給付金のみではカバーしきれない可能性が高いです。

がん保険と県民共済の保障内容の違い

がん保険は上記にあるような通院の長期化やある程度、まとまった自己負担金額の必要性から主に、診断金、入院通院、手術、放射線、抗がん剤、先進医療等を保障内容としてサポートしています。

これをポピュラーな県民共済の総合保障型との比較を表すと以下になります。

がん保険 県民共済(総合保障型)
がん診断 ×
がん入院
がん通院 ×
手術 ×
放射線 ×
抗がん剤 ×
先進医療 ×

入院に関しては県民共済の総合保障型でも病気入院が組み込まれており、特に病気の種類は問わない為、がん入院も当然保障対象となります。

ただしそれ以外の項目に関しては基本コースである総合保障型のみでは全く対応していない事が分かります。

総合保障型の詳細は以下でも紹介していますので気になる方はチェックしてみてください。

総合保障型の保障内容
県民共済の総合保障型の保障内容や選び方

このページでは県民共済の総合保障型の違いやそれぞれの保障内容について詳細に解説していきます。 県民共済への加入を検討している方で 検討者 どのプランを選択すればよいか分からない 特約コースも必要なのか ...

県民共済のがんに対する保障

総合保障型では主ながん保障をカバーしていないという事ですがそれ以外の年齢層、例えばこども型や熟年型の場合はどうか?

更に対応できる特約を解説していきます。

0歳~18歳(こども型)の場合

県民共済のこども型は0歳から18歳までを対象とする基本コースで1型、2型の2コースのみ。
特約の選択はありませんが、基本コースにてある程度がん保障をカバーしています。

がん保険 県民共済(こども型)
がん診断
がん入院
がん通院 ×
手術
放射線
抗がん剤 ×
先進医療

表で比較するとがん通院や抗がん剤は対象外となるため、この部分も保障強化しておきたいという方は保険会社のがん保険などを検討する事になります。

18歳以上の場合

こども型以降の県民共済では18歳から65歳までと65歳から85歳までの熟年型に分かれます。

先述しているようにベースとなる基本コースの総合保障型のみではがん治療をあまりカバーできていないので特約として新がん特約や新三大疾病特約の組み合わせがおすすめです。

新がん特約と新三大疾病特約

新がん特約 三大疾病特約
がん診断
がん入院
がん通院
手術
放射線
抗がん剤 × ×
先進医療

新がん特約、新三大疾病特約共に保障期間は最長80歳までとなりますが、一般的ながん保険にあるような保障項目は特約を追加する事で県民共済でもカバーする事が可能です。

こちらも抗がん剤治療に特化した保障は用意されていないので、この部分をカバーしたいという場合は民間のがん保険などの組み合わせもおすすめです。

このページのまとめ

医療保険に加入する際は併せてがん保険も上手に加入する事がおすすめであるように県民共済でも基本コースの総合保障型に特約で新がん特約や新三大疾病特約との組み合わせがおすすめです。

また必ずしも県民共済だけでプランニングをする必要も無いかと思いますのでその場合は保険会社のがん保険なども含めて検討してみても良いかと考えます。

県民共済に関しては以下のページで特約を含め全ラインナップを紹介していますので是非参考にしてみてください。

県民共済 保障内容
県民共済の保障内容を詳しく解説し選び方を紹介

このページでは都道府県民共済グループの県民共済の保障内容を全て紹介しています。 現在県民共済は全国47都道府県中、42都道府県でサービスが提供されており、随時提供エリアを拡大しています。 県民共済が無 ...

 

保険見直しラボ

FPに共済も保険もまとめて直接相談可能です

共済や保険に詳しいプロのFPが多数在籍する保険見直しラボなら共済も民間の保険もまとめて無料で相談する事が可能です。

しかも今なら特選ギフトの豪華特典付です!! 保険見直しラボ3

© 2020 県民共済ガイド